嫌われる話し方とは

自分でも気がつかないうちに、

人から嫌われてしまう困った話し方を

あなたもしていませんか・・・?

・このページでは無料レポートをお渡ししています

 

 

「・・・もしかしたら?」と思い当たる節がある方へ

 

 

誤解されているだけかも・・・?

 

ぜか話せば話すだけ、人に避けられてしまう。

 

本当にただの親切心から声をかけたのに、返ってきた相手の言葉はこちらの想いがまるで伝わっていない・・・・。

 

そんな経験をしたことはないでしょうか?

 

もしかしたらあなたの思いとは裏腹に、些細な言い方が原因で逆に相手の心を傷つけている可能性もあります。

 

そして相手はあなたの真意を変に解釈して反発してしまう・・・。

 

「誤解」はたやすく起こるものです。

 

 

言葉は万能ではありません

 

自分の気持ちを伝えるには、言葉を用いて伝えるのが手っ取り早いです。

 

ですがその使い勝手の良い言葉は、聞く人によっては受け取り方が違います。

 

どうにもならないことはあります。

 

一生懸命、言葉を重ねた上でどうしても想いが伝わらないのは仕方がありません。仕方がありませんが、原因が自分の話し方にあるかもしれない可能性はありますよね?

 

相手の受け取り方が問題なのではなく、良かれと思っていた話し方がもしかしたら・・・?ということが。

 

 

つい言ってしまうこともあります

 

わかってはいるけど・・・つい口にしてしまうこともあるとは思います。

 

「あ・・・言っちゃった・・・」

 

と。

 

冷静になった後に、「俺、なんであんなことを言ったんだろう」と後悔したこともあると思います。

 

でもそれは今後気をつけていけばいいだけです。実体験を勉強と捉えて、これから注意していけば話し方を改善していけます。

 

仮にまた同じようなことがあっても、その都度修正していくことができます。

 

効率的とは思いませんが、「場数を増やせば話し方は良くなる」的なことを聞くのはそうしたことだと思います。

 

ただ、それはなにが原因だったのかをわかったときです。

 

話した内容がいけなかったのか、言い方が悪かったのか、たまたまその相手に言ってはいけない言葉が混じっていたのか・・・。

 

自分の粗探しをしたところでキリがないです。

 

 

ビクビクしながら

会話をしたくはないですよね・・・

 

「こんなことを言ったら相手を怒らせるんじゃ・・・」

 

と悩みながら話していては、いつもギコチナイ話し方をしてしまいます。

 

そして相手の気に障る話し方になってしまいます。

 

悪い方向、悪い方向へと進んでしまい、風向きを変えることができないまま毎日が過ぎてしまいます。

 

そうならないように、

 

『嫌われる話し方とは』

 

と題した無料レポートをこのページに来ていただいた方にお受け取りいたしております。

 

・無料レポート 嫌われる話し方とは(PDF24ページ)
相手に悪い印象を与えてしまう話し方をまとめてあります。便利だからと使ってしまいがちな話し方、言い方など、意識して口にしないようにしてみてください。

 

相手に対して悪いイメージを持ってもらわない。

 

それだけでも人間関係が変わります。どんなに面白いことを話せても、賢く見せる話し方ができても、物知りで尊敬されるに値する話し方を身につけていても、「気に入らない」の一言で話しかけられることもなく、声をかけてもまともに対応してもらえません。

 

嫌われない話し方に気をつければ意外と上手くいきます。

 

あなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

当サイトへのご訪問、ありがとうございました!

 

 

追記:
嫌われない話し方、というのは本当に重要なことです。是非意識してみてください。

 

直リンクです。ボタン画像を、右クリックで「対象をファイルに保存」を選んでいただければPDFをお好きな場所に保存できます。

 

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く