相手の方から「話さなくては」という気にさせる方法

こちらからブックマークできます⇒

いきなりしゃべるのをやめると、相手の方から「なにかしゃべらないと」と焦ります。

 

 

手の方から会話を話し続けてほしいときの、簡単なテクニックです。

 

それは”黙る”です。

 

会話を続けたいけれど、あえて黙って様子を見るのです。

 

だれでも沈黙の間を嫌がります。

 

なんだか居心地が悪い気になってしまいます。そして、相手のことが気になってしまい、「自分から話しはじめないと」という焦りが心を支配します。

 

その結果、

 

なんとかして話題を探してしゃべろうとする行動を、相手の方からしてもらうことができます。

 

沈黙は嫌ですよね?

 

だれだって気まずい空気に耐えられなくなって、必死になって「なにかしゃべらないと・・・」と頭の中がいっぱいになります。

 

このような状態では上手く会話することは難しくなります。難しくなりますが、この状態にあなたがなるわけではなく、申し訳ないですが相手になってもらうのです。

 

気持ちの面で優位に立つのです。

 

焦るのは相手。

 

あなたはあえて黙って、「今は話題探しで必死です!」という雰囲気は隠しながら話題を探し、相手の出方を見守るのです。

 

あなたは意図して黙る。

 

平静を装って。

 

でも、相手は落ち着かなくなります。

 

それが狙いです。相手は「気まずいからなにか言わないと」と焦り、話しはじめます。

 

「自分が優位に立っている」というのは自信にもなります。

 

自信はコミュニケーションにおいて大事なことです。自信がないと、相手を目の前にしてパニックになってしまいますし、うまく話せなくなってしまいます。

 

優位性を感じ取ることで、自分の心をコントロールしやすくなります。

 

駆け引きをする、ということです。そして優位に立つ、です。

 

簡単な方法ですが、駆け引きなので必ずしも成功するわけではありません。

 

一言だけ話しかけて、その後黙っても会話は続きません。あくまでも話し方のコツのひとつです。使いどころはちゃんと考えなくてはいけません。

 

ある程度会話が続いていて、そのとき、急に黙られると相手は焦るのです。その心理を忘れないでください。

 

あくまでもひとつのテクニック。

 

頻繁に使う必要もありません。

 

ありませんが、危険が少ない話し方のコツでもあります。

 

会話が終わること自体は自然です。おかしくはありません。突然黙ってしまっても、よほど不自然でなければ相手も変には思いません。

 

それに、

 

会話を楽しく続けていると、調子に乗って一方的に話すだけになってしまう状況もあるので、先程もお伝えしたように気持ちのコントロールにもなります。

 

一人だけ調子に乗ってしゃべっていると、相手の気持ちがなえてしまっていることに気がつけません。

 

そうならないようにする意味でも、危険が少ないのです。

 

相手の方から話し続けてもらう簡単で、危ない橋を渡るわけでもない、”あえて黙る”という話し方のコツでした。

 

ただ、

 

相手があなたの話に夢中になっている場合は、相手のために話し続けてあげてください。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く