信じ続ければ対人関係が良くなる

こちらからブックマークできます⇒

「信じ続ければ叶う」心理

を信じる心は美しいものです。

 

そして、

 

信じることで期待通りの結果を相手が残すのです。

 

”ピグマリオン効果”と呼ばれる心理用語があります。

 

ピグマリオンというのはギリシャ神話に登場する王様の名前です。

 

この王様は”女性の姿をした彫刻”に恋をしたそうです。そして、その彫刻を人間のように接しました。

 

話しかけたり、食事を用意するなどして”本物の人間”になることを夢見たそうです。

 

この王様の姿を見かねた神が彫刻に命を与えて、”本物の人間の女性”にしました。

 

”ピグマリオン効果”というのは、信じ続けて願いを叶えた王様の名前に由来します。

 

期待が現実になる。

 

あなたが他者を信じ続けると、相手はあなたが期待通りの姿になることが、この心理用語の意味です。

 

「この子は大人になったら大物になる!」
「すごい才能だ!きっと出世するに違いない」

 

・・・と思っていたことが事実になる、ということです。

 

では、どうして信じたことが事実になるのか?

 

それは”期待している人”が”期待されている人”に対して、無意識に手助け、アドバイスをしてしまうのです。

 

”期待している人”が「こうなってほしい」という願望が積極的に行動にあらわれて、”期待している人”の思惑通りに事が運ぶために現実になる。

 

そして、

 

「ほら、言った通りだ!」・・・となる。

 

魔法のような現実離れの現象が起こるわけではなく、「この人はこうあるべきだ!」という思いを叶えるために、”期待している人”が自分でも気がつかないうちに自分の理想を叶えているのです。

 

このようにお話すると少し滑稽なのですが、「だれかのために信じる」という想い自体はとても立派なことです。

 

美しい、です。

 

つまりなにが言いたいのかというと、

 

「あなたの人間関係は信じた通りになりますし、信じること自体は良いこと」

 

ということです。

 

苦手な人がいるとします。

 

「話しかけずらいし、関わりたくないな」というような人です。

 

苦手意識は改善しようとする意志がないと、いつまでも苦手なままでいることになります。

 

そうではなく、

 

「いや、きっと自分の気づいていない素晴らしい面があるはず」と期待をするのです。

 

相手のポジティブなところを探し見つけようとする行動が大切です。それがスタートです。

 

最初は「苦手だ、嫌いだ」という前提が成り立っているため、なにをするにしても否定的な目でしか見れないようになってしまいます。

 

でも、

 

「そんなことはないはずだ、自分が偏った見方をしているだけで、なにも知らないだけだ」という風に目線を変えることで見えてくるものがあるのです。

 

それが行動にも影響して、苦手な相手にも接し方が変わってくる。

 

そうすると相手も態度に変化が生じてきて、関係が良好になりだす。

 

結果、”信じた通り”に苦手意識がなくなり、いつの間にか良いところしか見に入らなくなる。

 

ということです。

 

この心理は効果が確認されていて、けして屁理屈ではないです。

 

ピグマリオン効果というのは、対人関係を良好にするために一役買います。

 

自分自身にも効果があります

 

信じれば叶うというのは、相手に対して期待するだけではなく、自分自身に対して期待をかけることでも効果があります。

 

心理的な仕組みは同じです。

 

「信じた通りの未来を目指す!」という想いが行動に駆り立て、夢を実現するのです。

 

”思考は現実化する”、というやつです。

 

「受験に受かるために」という目的があれば、そのために勉強をします。
「甲子園を目指すために」という目的があれば、そのために練習をします。

 

人間は成し遂げたい目的のために努力をします。

 

人は好きで背負う苦労というのは、だれに知られることがなくても望んでします。

 

そして成長をします。

 

嫌々やっている苦労は辛くて、やめたくて、心にあるのはだれかにその苦労を知ってほしいだけが理由になり、実になるものも少ないです。

 

本当に望んでいることなのか、本当はどうでもいいことなのか。

 

この違いが大きく結果に出ます。

 

だから信じ続けられる人は得をします。

 

”疑うか”、”信じるか”、という選択は現実的に”信じる”を選ぶのが賢い選択です。

 

自分を信じて、他者も信じる。良い結果が出ます。

 

信じるものは救われると言います。

 

これは間違いではありません。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く