話し方の技術 記事一覧

話し方の技術 記事一覧

話するときに気を付けたい簡単な5つのポイント
話をわかりやすく伝えるために注意しておきたい5つのポイントです。

 

具体的な言葉を使って理解しやすい話にする
伝わる言葉と、伝わらない言葉の違いがあります。

 

自信を持った話し方でないと相手に伝わりません
相手に話を信じてもらいたいのなら、自信を前に出していかないと伝わりません。

 

相手の方から「話さなくては」という気にさせる方法
相手に対して心理的に優位に立つコツ。

 

人は理屈よりも感情で動きます
頭でっかちな話し方を避けることができます。

 

興味を持たれる話し方をするには話しはじめが肝心です
話しはじめが勝負です。

 

後ろ向きな言葉の後には前向きな言葉を付け加える
相手の気持ちを楽にしてあげる話し方のコツです。

 

なぜ?どうして?理由を明確に話さないとわかってもらえないことが
この要素がないと説得力がありません。

 

論理的な話し方をするためのコツ
仕事場で役立つ話し方のコツです。

 

伝えたい結論は最初に伝えると話が理解しやすくなる
結論というパーツをどう使うかで、心理的に相手へ与える印象が変わります。

 

わかりやすく伝わる要因「メラビアンの法則」
このメラビアンの法則は覚えていてください。

 

ボディランゲージがわかりやすい話し方の助けになります
これが相手の心理を読むのに活かせます。

 

なにごとも準備で決まる――会話することも同じです
なにごとも8割は事前準備で決まります。

 

ストレートな言い方と比喩のふたつの話し方
賢い話し方につながります。

 

一貫性を持つ――相手に矛盾していると思われてはいけない
人間の変えがたい心理です。

 

魅力を伴った話し方の要素とは
魅力的な話し方を手に入れるには。

 

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く