他人に話しかけることが恥ずかしいと思ってはいけません

こちらからブックマークできます⇒

もっと気楽になること!・・・です

方は人に声をかけるのを躊躇してしまう性格でしょうか?

 

「話しかけたいけど、どうなるかわからない・・・」
「どうせ上手くいかない・・・」
「変に思われるに決まってる・・・」

 

そんな風に考えてしまって、声をかけることができない。

 

いざ、だれかに話しかけようとしても二の足を踏んでしまう。臆病になってしまう。

 

良くない結果を想像してしまって、不安になってしまう。

 

挙句の果てに、

 

「今は話しかけるタイミングじゃない・・・」

 

などと、なにかしらの理由をつけて「話しかけなくてよかったんだ」と納得してしまう。「これが正解だったんだ」として、安心してしまう。

 

それではいつまでたっても気軽に話しすることができません。

 

恥ずかしいと思う必要はないのです。必要はないですし、事実、恥ずべきことではありません。

 

会話するのは人として、当然の行動です。

 

「でも、今までずっとしゃべらずにいたのに、突然しゃべりだすと周りが変に思う・・・」と思ったりするのでしょうか?

 

思いません

 

むしろあなたがしゃべりだして、明るい雰囲気になった方が周りの人たちはうれしくなります。周囲の人たちも”仲間が増える”ということに喜ぶはずです。

 

あなたにとっても、他の人たちにとっても、お互いのためなのです。

 

人がコミュニケーションを取るのはそれが目的です。

 

個としてより、群の方が優れているのは当然です。人間は集団として行動することで、物事を効率的にすることができます。

 

生きていく上で、恥ずかしがってはいけないことなのです。

 

自分を苦しめてしまうだけです。あなたのためにはなりません。

 

「でも、自分なんかが・・・」
「でも、なにも話しかけるようなことが・・・」

 

と、「でも・・・」と考えてはいけないのです。

 

それではためらってしまうだけになってしまいます。

 

あなたの周りにいる人たちは会話をはじめるとき「でも・・・」と考えながら人に話しかけているように見えますか?

 

見えないはずです。

 

悩みなく会話している人たちの頭の中に、そんなことを考えながら話ししている人はいません。

 

「でも・・・」というのがあなたと他人の違いなのかもしれません・・・。

 

今のあなたにとって、人に声をかけるのは苦痛なのかもしれません。

 

でも、

 

多くの人たちはあなたが苦痛に感じていることを「楽しい!」と言って、日常を過ごしているのです。

 

その不平等の原因は「恥ずかしい・・・」とためらってしまうこと。その一点です。

 

勇気を出しましょうと言うわけではないです。あなたが人と話しをするのに勇気はいりません。なぜならそれは当然のことだからです。あなたはもっと自分から人に声をかけて会話を楽しむべきだからです。

 

だれにも犯せない、あたりまえのあなたの権利です。人とのコミュニケーションは。あたりまえのこと。

 

意識の変化は大変です。だれもがそうです。

 

しかし、

 

無理なことではないですし、変化を受け入れるだけで世の中が変わるかもしれません。

 

「でも・・・」とばかり考えてしまう、恥ずかしいと思ってしまっている今のあなたの価値観を打ち破る。

 

そうすることで次のステージ、新しい世界が開くのです。

 

成長です

 

できないと思っていたことができるようになるのが人間です。それを繰り返してどんどん進化していくのです。

 

本当に恥ずべきことは”変化しないこと”です。「どうせ・・・」と思い込む意識があなたの敵です。

 

周囲の人たちの目は気にしないようにするべきです。

 

気にすると身動きがとれなくなってしまいます。悪いイメージばかり考えてしまってなにもできなくなってしまいます。

 

悪いイメージは本当に思い込みです。気になったとしてもそれは被害妄想の領域です。

 

つまりは考えすぎになっている。もっと心穏やかに、気楽にいるべきです。

 

あなたのそばにいる人たちは、あなたが考えているようなことは思っていません。

 

周りの人たちはあなたの敵ではありません。

 

コミュニケーションを取ることで味方になるのです。

 

「自分から他人に話しかける」という行動がコミュニケーションにおいて正解であり、あなた自身のためになります。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く