興味を持たれる話し方をするには話しはじめが肝心です

こちらからブックマークできます⇒

話の出だしが肝心

き手に興味を持って話を聞いてもらうには、話しはじめにどんな言葉を使うかが重要になります。

 

興味は一番最初に持ってもらわなくてはいけないのです。

 

あなたならどうでしょうか?

 

興味を惹かれない相手に、興味もない話題を振られたら退屈に感じないでしょうか?

 

ずっと話に付き合うのは苦しくなってしまいます。

 

そのままずるずるとあまり楽しくもない時間を過ごすことになります。

 

苦痛であるかもしれません。

 

なにが原因なのかは”最初から関心が無かったから”です。

 

だれだって、面白いと感じる物事には集中することができますが、退屈と感じることには集中することができません。

 

興味がないものには集中が続きません。

 

あなたも関心がない話を振られても、適当な受け答えをしてしまったり、全く関係ないことを考えていたりしないでしょうか?

 

話を楽しく聞いてもらうには、興味という要素は一番はじめに相手から引き出さなければいけないのです。

 

これが成功してこそ、相手は話の続きが気になり、会話がお互いに面白いものになります。

 

話の出だしが重要です。

 

興味を惹かれる要素

相手に関心を持って話を聞いてもらうには、声をかけるときに、興味が惹かれる要素が含まれた話し方をすればいいのです。

 

  1. 自分のこと
  2. 得になること
  3. 損になること
  4. 新情報について
  5. 秘密のこと

こういった要素が含まれていると人は興味を持って耳を傾けてくれます。

 

1.自分のこと

自分のことに関心を持たない人はいません。

 

例えば”名前”や”趣味”など、話しかける相手自身の身近なことや相手そのものです。

 

だれだって自分のことには興味があるし、むしろ一番の関心事です。「これから君に関わることを話しますよ」と言われて興味を持たない人はいません。

 

「友達から聞いたんだけど○○さんってお酒強いんだって?」
「○○さんは普段、なにしているの?」
「あのバンドって君が好きなバンドじゃなかった?」

 

・・・など。

 

自分のことを聞かれると考えます。

 

ぼー、とされることはありません。

 

2.得になること

自分の利益になりそうなことには興味を惹かれます。お得な話には乗っかりたいものです。

 

得になる話を持ってきてくれた人を無下にはしないものです。「なに、なに?」と話に興味を持ってもらえます。

 

「ねえ知ってる?あの店、今セールやってらしいよ」
「最近、ものすごくダイエットに効く食べ物見つけたんだけど聞きたい?」
「簡単な節約術を発見したよ!」

 

なにか相手にとって役立ちそうな話があるのなら、教えてあげることが会話のきっかけになります。

 

3.損なこと

損になることを人は気になります。

 

人間は得になることよりも、損を回避することの方を選ぶ心理が働くので、相手の不利益になりそうなことも教えてあげるというスタンスで話しかければ会話のきっかけになります。

 

「あれが欲しいの?もっといい物あるよ?」
「待ち合わせ時間変わったんだけどちゃんと聞いている?」
「あの話知ってる?え?知らないの?」

 

「あれ?知らないの?」と言われると「え?どういうこと?」という反応が返ってきます。

 

興味を惹くことに成功した証拠です。

 

4.新情報について

人は流行りものが大好きです。新しい情報に関心を持つ人は多いです。

 

単純に芸能人のことや新しいファッションなどのことでもいいのです。最近発売されたゲームとか、漫画とか、小説とか。新しい話題は世の中に溢れています。

 

別に世の中ににぎわっている新情報でなくてもいいのです。

 

「君の気になっているあの子。今彼氏いないらしいよ」
「最近、○○さんの噂が多いな。聞いたばかりのだと・・・」
「今度大幅な人事移動があるらしいよ?」

 

身近なところで起きているタイムリーなニュースに、無関心ではいられません。

 

自分には関係ないことであっても、首を突っ込みたくなるものです。

 

5.秘密のこと

秘密というものに好奇心が駆られます。

 

「これから私の秘密を打ち明けます」と言われると人は気になって仕方がありません。

 

即座に興味を惹かれ、注目されます。

 

「今から話すことは内緒にしておいてほしいのだけど・・・」
「だれにも言わないでね?実は・・・」
「話そうかどうか迷っているんだけど、やっぱりだれかに聞いてほしいことがあって・・・」

 

続きが気になって、黙って最後まで耳を傾けてもらえます。

 

また、「君と僕だけの秘密だよ」と言われると親近感を持たれます。

 

”ふたりだけの秘密”というのは信頼し合っている証になります。

 

 

 

自分のこと、得になること、損になること、新情報、秘密のこと。

 

これらの要素が話しはじめに含まれていると、興味を持ってもらった状態で会話することができます。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く