魅力を伴った話し方の要素とは

こちらからブックマークできます⇒

魅力ある話し方

力ある話し方をするには、いろんな人を引き込むだけの知識を持っていなくてはいけません。

 

それはいろんなことに関心を持つ、ということです。

 

人を楽しませる話をするには当然、話題をたくさん持っていなくては会話すらままなりません。

 

コミュニケーションをするためのきっかけとなる材料です。

 

話題は無いと不利になり、たくさん持っていれば持っているほど有利になる武器です。

 

それだけではありません。

 

他人に影響力を与えるには、様々な要素が絡んできます。

 

人の価値観は多様です。

 

その多様な価値観を持つ人たちとの会話で興味、関心を引くために、人間の心理を理解する能力は欠かせません。ないと人の心は全く理解できません。

 

それが関心事をたくさん持つ理由です。

 

価値観が広がります。あらゆる感性を持つことで人を理解でき、あらゆる言葉を知ることでボキャブラリーが豊富になります。話す力が付きます。

 

また、人格形成にも多大な影響があります。

 

人柄は人生のなかで、どんな経験をしたかで個性としての差が生まれます。

 

人柄が会話の際に、相手に影響します。優しそうな雰囲気に安心を感じて、会話を楽しめる人がいます。人前では話しづらいようなことを平気で話しする人に面白いと感じて引き寄せられる人もいます。

 

そばにいると、優しくて穏やかな気持ちになれる人柄。ドキッとするようなことを平然と口にしてしまう人柄。まったく違う性格ですよね?

 

でも、

 

はっきりと個性が出ています。故に、相手に与える影響が大きいです。相手の頭に残りやすいのです。

 

極端な性格は嫌われることもあるのですがその反面、強力に支持してくれる人も多いのです。

 

それとは対象的に八方美人だと深い関係の友人が作りにくいですし、表面的な会話しかできない場合が多くなります。

 

みんなに良い顔をしていると”だれかにとっての特別”にはなれないからです。込み入った話をする間柄の友人もできません。八方美人でいると魅力ある話し方はできないでしょう。

 

たくさんの出来事を経験することは人としての厚みが生まれます。

 

人間味が出ます

 

それが魅力的な話し方につながるのです。

 

ということは一朝一夕には身に付かないということでもあります。・・・ではあるのですが、きっとあなたもすでにいろいろな経験を持っているはずです。

 

無駄になる経験なんてありません。

 

魅力につながるものはすでにあなたの中にあるものです。

 

後はそれをどう使うのかです。

 

ちょっと話し方のコツさえ掴んでしまえば、すぐにコミュニケーション能力を高めることができます。今持っているものを伝える方法さえわかってしまえば話す力は飛躍します。

 

ですが楽というわけではないです。話し方も練習によって上達します。簡単にはいきません。簡単ではないですが無理でもありません。

 

努力することを人は嫌うのですが、わずかな間だけ努力して、永遠に役立つ話す力を手に入れることは有意義な時間の使い方だと思います。一時の苦労さえ我慢できれば必ず報われる日は来ます。

 

感性があるからこそ、考えて、意見をすることができます。すでに持っている経験から得たものを大事にして、さらに価値観を広げて人間味を膨らませる。

 

そして、それを伝えるための話し方を練習する。そうすることで効果的な話し方ができるようになります。

 

今持っている価値観。そこから生まれる、あなただけの感性による思考を形にするのが話し方です。

 

道のりはけして遠いものではありません。

 

手を伸ばせば届き、その先に待っているのはあなたの理想の場所なのです。

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く