本音は仲を深めていってから言う

こちらからブックマークできます⇒

徐々にうちとけあう

の良い関係になるために、いきなり本音を口にしようとするのはやめておいた方がいいです。

 

お互い、どんな人なのかもわからない状態で言いたいことを言葉にしても、結果が予想できません。

 

危険です。

 

相手のことをわかっているのなら、言うべきではない話を避けることもできますが、相手のことをなにも知らないうちに本音を言うと、相手を傷つけるかもしれません。

 

良かれと思ったことが、藪蛇になってしまいます。

 

相手のことを理解していないのに、言いたいことばかりを言っていても「ウザイ!」と思われてしまいます。それはあなたが望んでいる結果ではないはずです。

 

いきなり馴れ馴れしい態度をとっているのと変わりません。

 

いつも本音ばかりを口にしていても、なかなか初対面の人とは距離を縮めることはできません。いつか揉め事の原因になりかねません。

 

知らず、失礼になるようなことも言ってしまうかもしれません・・・。

 

そうなっては後の祭りです。

 

悪い印象を持たれてしまい、その先がありません。

 

正しいと思うこと、間違っていると思うことは人それぞれです。すでに仲を深めている関係であれば理解しようと努めるものですが、会ったばかりの人の言葉は素直に受け入れづらいものです。

 

受け入れられなければ反発心が芽生えます。

 

お互いに。

 

うちとけた関係になるには本音からはじめるのではなく、徐々に関係を良くしていってから、本音を言い合える間柄を目指すのが正しい順序です。

 

本音がいけないのではありません。

 

まずは話しかけやすいと感じられる関係になることから。

 

すこしずつ仲を深めていって、どんな言葉でも届け合える、理解し合えるようになってから本音も出していく。

 

そして、本心で出た言葉について一緒に考えることができるようになります。

 

相手が突然本音で語りかけてきたら

まだ、仲が良い関係でもないのに、自分の言うことが正しいと言わんばかり本音を言葉にする人には、どう対応してよいのか悩んでしまいます。

 

同調できることならいいのですが。

 

そうではないのなら、気をつかいます。

 

反論してもめたくはありませんし・・・曖昧に逃げようとしても結局は相手が満足できないので・・・空気が悪くなってしまいます。

 

どうすればいいのか困ってしまいます。

 

しかし、

 

相手を理解しようとする気づかいは必要です。

 

受け入れる態度を見せるということ。

 

相手の言葉に理解できる部分はないか?自分も同じ考えだと解釈することはできないか?

 

受け入れ、理解することが大切です。

 

仲が良い関係ではないからといって簡単に済ませようとしないで、相手の気持ちを汲んであげる対応がうちとけた関係につながります。

 

相手が本音を語るときは、真剣な姿勢を見せるのが大切です。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く