悪口は言わず、他人の良いところを探すクセを付ける

こちらからブックマークできます⇒

信用されません・・・

人の悪口ばかりを口にしている人を好きになれるでしょうか。

 

なれない、のではないでしょうか?

 

なにを話していてもすぐ、だれかを傷つけるようなことばかりを話題にする人。負の感情の塊と言えそうな人。一緒にいても、楽しくはないと思います。

 

残念ながら、周りにいる人たちにネガティブな感情を抱かせてしまう方は信用されず、自分の評価を下げてしまうだけです。嫌な空気を作り出して、それは周囲にいる人たちにまで行き渡ってしまいます。

 

伝播します。

 

楽しい気分にはなれません

 

そうした空間ではだれも居心地は良くないでしょう。

 

悪口は口にしている人だけは楽しいのかもしれませんが、だれのためにもなりません。聞かされている人は同意した方がいいのか、それとも、反論した方がいいのか。

 

困ってしまいます。

 

気疲れします。

 

本心では「違う」と思っていても、とりあえずは「そうだね」と気を遣うのも楽しい会話にはならないでしょう。

 

「そんなことはないだろう」と言い返しても、口論になりかねません。

 

仕方がないので曖昧な反応しかできないのではないでしょうか?どっちつかずの態度で乗り切ろうとする場面がほとんどだと思います。

 

悪口はだれのためにもなりません。

 

信用も得られません。

 

あなたならどうでしょう。

 

いつも陰口をする人を信用できるでしょうか・・・?

 

こうは思わないでしょうか?

 

「自分のことも、だれかに悪く言っているんじゃ・・・」

 

と。

 

自分も標的にされているのでは、と思うはずです。

 

他人に自分の評価を悪くするようなことを話題にして面白がっているかもしれないと想像すると、とても信用できないはずです。自分をネタにして楽しんでいると思うと、笑えません。

 

信用はできないけれど、標的にされないように気遣ってしまうかもしれません。でも、絶対にそんな人とは心を開いたコミュニケーションはしないはずです。距離を取りたくなります。

 

結果、だれかを責めるような発言を口にしていると、だれからも望まれるような存在にはなれません。関わり合いたくないと周囲の人たちが離れていくだけです。

 

いつも悪口ばかりを言っていては、だれにも受け入れてもらえなくなってしまいます。

 

そういった印象を覚えられてしまうと、なかなか相手の態度は変えれません。

 

粗探しはよくありません・・・。

 

オーバーハード・コミュニケーション

人の良いところを探すクセを身につけるのは良いことで、もっと良いのは「本人のいないところで良い評価」をすることです。

 

陰口の真逆です。

 

褒めるべき対象が目の前にいなくても、良いことであるのなら、話題にするべきです。

 

間接的なのに相手との仲を良くすることができます。

 

面と向かって相手を評価するのが一番、わかりやすいコミュニケーションだと思うのですが、まわり回って伝わる場合にも、とても大きい効果を発揮することがあるのです。

 

直接相手に言わなくても、他人から伝わっての言葉は信憑性が増すのです。

 

その理由は3つあります。

 

  1. コミュニケーションに偶然的に接するので、防衛感覚が作動しない。
  2. 聞こうと思って聞いたわけでないので、衝撃が大きい。
  3. 話し手が影響を与えようとしているわけではないので、否定的反応が出ない。

 

他人の口から伝わると、自分の口から伝えるよりも素直に受け入れられる心理が働くのです。

 

これはオーバーハード(漏れ聞いた)・コミュニケーションと呼ばれています。

 

狙って行うことではありません。ないのですが、日頃から人の良いところに注目して話題にすることは、けして無駄にはなりません。

 

いつも他人のポジティブな面を話題してくれる人と思ってもらえれば、「自分のこともどこかで褒めてくれているのかも?」と覚えてもらえますし、話題にした相手に伝わればその人にも当然、この心理が働いて好印象を持ってもらえます。

 

悪口は言わず、人の良いところを常に話題にする。

 

人を明るくする言葉を使って日々を過ごせば、普段の生活は楽しいものになります。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く