話す力は練習によってより良く改善できます

こちらからブックマークできます⇒

”希望”は人を成長させる大事な感情です

事もそうです。

 

話す力も練習を重ねて身につけることができます。人は成長することが約束されている生き物ですから。

 

それが人間です。

 

たとえ今、人と話をすることが苦手、話をすることに臆病になっていても、トレーニングをすることで話す力が上達していき、自信を手に入れることができます。

 

人というのは不思議なもので、一度自身を持てるようになると、行動力まで身につきます。それが更なる飛躍に自然とつながっていきます。どんどん前に進める。

 

人間はいつだって成長することができます。

 

何歳であっても。

 

学ぶ気さえあれば。

 

苦手とすることを改善していく能力がだれにでもあります。それは特別な能力ではありません。

 

しかし、

 

どうしても「努力したくない」と思ってしまいます。

 

だれでもやる気を持てれば新しい取り組みをすることはできるのですが、だれもが「面倒くさい」の一言で問題を永遠に先送りしてしまいます。

 

人間は怠慢な生き物です。努力は苦業としか捉えることができません。多くの人がそうです。

 

それがこれから先の人生の分れ道になります。努力することに意味はないと決めてしまうのか、

 

人生を良くしようと決断するのか。

 

普通の人は努力を蔑ろにします。新しい挑戦はしません。先を見据えるということはしないものです。今のままから変化することを拒みます。

 

それはあまりにも強力で、人生の足かせになる心理です。そして人間だれもがこの心理に支配されています。

 

ちょっとした嫌なことを感じるぐらいなら、現状維持をえらんでしまうのです。

 

いつの頃からか、学ぶ気持ちを失ってしまいます。

 

たとえそれが良くないことだとしても。現状を改善するための確かな方法だとわかっていても、動けないままこれから先も変わらずにいることを選んでしまいます・・・。

 

そして・・・

 

ずっと後になってから自分の人生を振り返って「あのときに行動していれば・・・」「もっと勉強していれば・・・」と、後悔する思いをしてしまいます。

 

また、再び嫌なことがあったとき、「あのときに・・・」と。

 

あなたも今すでに「あのときに・・・」といった事柄はないでしょうか・・・?

 

「人と話をする」というのは一歩外に出れば、一生避けられないことです。

 

生きている限りだれかと関わりあっていくこの世の中、「人と話しをする」のを苦痛のままでいるのは辛すぎます。だれも助けてはくれません。

 

自らの意思で決断をしなくてはいけません。

 

変わろうと。

 

変わらなければ悩み続けなくてはいけません。それよりもほんのわずかな間だけ苦労し、問題を取り払うことは今後の人生をより良いものにすることができます。

 

星を掴むつもりで手を伸ばすべきです。星には届かないかもしれませんが、少なくとも泥を掴むことにはなりません。

 

無駄にはなりません。

 

変わった自分に気づけるはずです。

 

そうしてちょっとずつ人生が楽しいものにすることができます。

 

継続していれば自ずと身についていきます。頑張った人が頑張っただけの報酬を得られます。努力した人だけの特権です。

 

話し上手な人の真似をするとか、テレビに出演している人を参考にするなど、注意深く周りを観察してみれば、身近なところからでも話し方のヒントになるものがたくさんあります。

 

「守・破・離」(しゅ・は・り)という言葉があります。日本の伝統芸能や武道で使われている用語です。

 

「守」は師の教えを徹底的に守り、自分のものにする時期です。
「破」は師の教えをアレンジして、ちょっとずつ破っていく段階です。
「離」は師の教えを離れ、新しい自分の境地を見つける最終段階です。

 

この「守」が大事で、最初はだれかを参考にすることは良いことです。「この人はしゃべるの上手いな」と思える人の話し方を、自分の中に取り入れるのはとても効率的です。

 

あなたが上手いと思ったのなら、他の人も同じように思っているはずです。だれかの話し方を真似するのは嫌と感じるかもしれませんが、はじめは試してみる価値があります。

 

そこに必ず成功する法則が見つかるかもしれません。

 

インターネットで検索をすればいろんなサイトに話し方の情報もあります。このサイトだけでなく、いろいろと見て回ってみてください。たくさんのサイトがあります。

 

こちらから役に立つサイトをご紹介

 

そうして得た情報を日常で試してみる。なんの損にもなりません。継続して実践してみることで効果がわかります。

 

こうして練習を続けていれば必ず、効果的な話し方が身につきます。

 

あなたに馴染む、使いやすい話し方のテクニックや会話の続け方。変わり続ける相手の心理に対応した話し方。

 

わかると会話が楽になりますし、楽しくなります。

 

あなた自身を信じてください。

 

そうして手に入れた話す力は、一生役に立ちます。

 

一時の苦労に目を背けず、行動してください。

 

「頑張って良かった!」と言える日は来ます。

 

希望を持つからこそ、人は成長していき、人生がより良くなります。

 

次のページへ

 

わかりやすい話方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く