自分の意見を話に盛り込む

こちらからブックマークできます⇒

効果的な話し方

題に対して、自分がどう感じているのかを伝えるのは大切です。

 

「自分の意見なんか・・・」

 

と思ってはいけません。

 

必要なのです。

 

相手から興味を持ってもらう話し方にするには。

 

会話している話題についてどう思っているのか、なにを感じているのか。そこにあなたの主観を交えて話をするのは大事なことなのです。

 

自分の感じたままの言葉を口にすることで、相手にとって人間味を感じられる、効果的な話し方になります。

 

自分の意見をまったく伝えない話し方だと、聞いている人はどんな風に思うでしょか?

 

「なにを考えているんだろう?」

 

「どう思ったのだろう?」

 

聞いている人は不安になってしまいます。話題に対してなんの感情も表していないと。

 

「なにを考えているのだろう?」と思われてしまうと警戒心を持たれてしまいます。人は理解できないものには抵抗感を抱きます。つまり、拒否されてしまうのです。

 

あなたがなにを思っているのか?

 

それをちゃんと言葉にしないと伝わらないし、印象が悪くなってしまいます。

 

相手に心の内をなにも伝えることができない話し方になってしまいます。これでは距離を縮めることはできません。

 

恥ずかしがってはいけませし、言葉にするのが正しいのです。あなたが感じたままの感性が一番面白い話をするのに役立ちます。それが興味を持たれる話し方になります。

 

退屈な話なんてありません。

 

どんな話題であっても自分の意見を織り交ぜれば、血のかよった人間味のある話をすることができます。人の関心を引くことができます。

 

あなたのこれまでの経験から学んだこと。

 

養った知識。

 

育てた感性。

 

そういったものから生まれた意見をちゃんと伝えなければ、話の聞き手の心に響くものがありません。

 

自分の意見ばかり言うなんて自意識過剰なのでは・・・と考える必要はないです。

 

自意識過剰だと気にしてしまう人こそ、意識してほしいです。自分の意見なんかだれも聞きはしないと思うのは、思い込みです。

 

自分の意見は言葉にしない

 

と決めてしまってはきっと話をすることに楽しみは見いだせません。

 

そして、

 

相手から興味を持たれる話し方もできません。

 

人に理解してもらうには自分の意見をちゃんと話すことは必要で、考えをしっかり伝えるからこそ、共感をしてもらったり、出来る人間だと評価してもらったりします。

 

自分の意見を言える人は、人生得をすることが多いです。

 

あなたもそう思わないでしょうか?

 

人から認められやすいです。自分というものを他人にちゃんと伝えられる人は。

 

他人から価値ある評価を受けるには、積極的になっていかなくてはいけません。

 

世の中を自分の思ったとおりにするには自我をしっかりと持って、口にしなくてはいけません。人に自分の存在を示す方法は意見を言葉にする必要があって、大事なことなのです。

 

意見を持って言葉にすることで、あなたの存在は相手にとって影響力を与えることになり、興味を持たれ、関心を引きます。効果的な話し方ができます。

 

自分の意見を相手に伝えましょう。

 

お互いにとって楽しい話をするにも、共感をしてもらうにも、喜びを分かち合うにも、あなたがなにを考えているのかちゃんと伝えることから始まります。

 

そうすることで興味を持たれる話し方になります。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く