口下手で話すことに困ったときは聞き役になる

こちらからブックマークできます⇒

”聞く”ことは重要なコミュニケーションです

方は口下手でしょうか?

 

もしも口下手でなにを話せばいいのか思いつかなくなってしまったとき、気が動転しないでしょうか?

 

なにかしゃべらなくてはと焦ってしまうものです。

 

そうなってしまうとどんなに考えてもなかなか話題が浮かばないものです。

 

はじめからなにか伝えたいことがあればそれを話題にすることができるのですが、なにも話すことがないときは仕方がありません。だれだって困ってしまいます。

 

そんなとき、口下手だからと気にすることはないのです。なにも話題が思いつかないときはだれだって話を自分からすることはできません。

 

ただ、なにも話題が思い浮かばないからといって会話することを諦める必要もありません。

 

あなたからではなく、相手から話してもらう。

 

話題を自分の知っていることからではなく、相手から話題を引き出すのです。

 

あなたが仮にまったくしゃべることを思いつかなくとも、相手がよくしゃべってくれる人であればその人の話題にしていることに乗っかればいいのです。

 

聞き上手は話上手と言われることがあります。

 

自分からはなにも話をしていないのに。

 

これは自分の話を真剣に聞いてくれたことによって満足し、相手に対して好感を持つからです。だから話題に困ったときは相手に話を促して聞き役になればいいのです。

 

相手の話したいことを会話の中心にするのです。

 

人は自分の好きなことには長話をすることができます。

 

ですが、

 

会う人すべてに自分の好きなことを延々としゃべる人もあまりいないものです。話をするのは相手が自分の好きなことに関心を示したときです。

 

相手に関することに興味を持っていることを知らせることができれば、相手は喜々として話してくれるはずです。

 

そして話をさえぎらずに言いたいことをすべてしゃべらせてあげれば相手も気持ちがいいものです。その結果「あなたと話していて楽しい」と思ってもらえるのです。

 

お見合いなどの場所で思い浮かびそうな会話で「ご趣味は?」というような言葉を連想しませんか?相手のことを知るのにこのようなストレートな質問は相手にわかりやすいです。率直でいいと思います。

 

しかし、

 

問題なのは「自分にとってまったく興味のないこと」が相手の関心事である場合です。

 

自分の興味にないことを相手が話していても、ついつい顔に出がちです。

 

相手に興味がないということを悟られてしまうと相手はしゃべる気がなくなるものです。そうなるといい気分にはならないでしょう。

 

相手も「共感」してくれることを望んでいるはずです。自分の話をつまらなそうに聞かれるのは嫌ではありませんか?あなたも気分が落ち込みませんでしょうか?

 

大事なのは「あなたの話をもっと聞きたい」という態度を示すことです。

 

人は他人の話を聞いていない

 

意外と思われるかもしれませんが、話上手になるより、聞き上手になる方が大変です。

 

自分から話をする分には自分が満足できるので相手ことは気にしないでおきがちですが、相手の話を聞いているだけでは手応えが感じ取りずらいためコミュニケーションが上手くいったのかもわかりずらいものです。

 

そして、

 

「やっぱりなにか話さなくては・・・」と思い込んでしまうことになるでしょう。

 

わかっていても、なかなか聞き上手になることは難しいのです。どうしてもしゃべらなくてはと考えてしまうでしょう。

 

ですが相手が楽しそうにしているかどうかは必ず顔の表情に出ます。そのときの感情は表情を通して表れているはずです。そこから手応えをつかんでいけばいいのです。

 

話すことに困ったときは相手の話しの聞き役になって、関心を向けてあげればうまくコミュニケーションが取れます。

 

自分は口下手だから・・・」と自分のことばかりに気を取られないでください。

 

是非、相手の話に真摯な態度を示してください。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く