話するときに気を付けたい簡単な5つのポイント

こちらからブックマークできます⇒

伝わる5つのポイント

手にわかりやすく話の内容を伝えるには話を明瞭にしなくてはいけません。

 

簡単にできる5つのポイントがあります。

 

  1. 相手を見て話す
  2. 難しい言葉(単語)を使わない
  3. 無理をして面白いことを言わない
  4. 話の要点を最初に伝えておく
  5. 関係ない話はしない

この5つを意識しておくだけでもわかりずらく、伝わりずらい話し方を避けて、わかりやすい話し方にすることができます。

 

1.相手を見て話す

相手の方へ向き、話をすることは当然のことと思います。

 

会話をするとき、だれに話しているのか、だれと話しているのか、その意思を伝えるために顔を向けて話をしなくては相手はわかりません。

 

相手を見て話すということを怠ると、相手は不快な気分になるものです。

 

目も合わせずに話をしていても「自分とは話をするつもりがない・・・」と悪印象を与えてしまいます。

 

2.難しい言葉(単語)を使わない

これは相手の知らない言葉は使わないということです。

 

話しかけている相手が知らないような専門用語などは使ってはいけません。知らない言葉には人は意味がわからず反応できません。

 

反応できないということは、理解できないということです。理解できないということは、話がわからないということになってしまいます。

 

相手が知らない言葉で話しても、理解されない、話の内容がわかりずらいものになってしまいます。これでは相手を困らせてしまだけで、こちらの都合も悪いです。理解されたいのに、理解されない。

 

自分から理解されない話をしたい人はいないと思います。

 

「なんの話をしているのだろ?難しいな・・・」と思われてしまうのです。

 

難しい言葉ばかりで話をしていても相手の理解できる話にはならず、こんなふうにも思われてしまうかもしれません。

 

「こいつは自分が頭良いって自慢したいだけだ!」

 

そう、相手に受け取られてしまうかもしれません。これでは好意はもってもらえなくなってしまいますし、悪い印象を与えてしまいます。

 

相手のことをなにも考えずに話していると、自分だけの知っている言葉で話しがちになってしまうこともあります。

 

通じない言葉を見抜いて、相手に応じて言い方を変え、使い分けなければいけません。

 

3.無理をして面白いことを言わない

相手を笑わせようとして話をすることが、逆効果になる可能性もあります。

 

無理になにかに例えて話そうとしたり、ウケ狙いの言葉を使おうとすると話が不自然になってしまうかもしれないのです。

 

そうなってしまうと相手は白々しく感じてしまうのです。

 

楽しいと思ってもらえる話というのは、面白いことを言えばいいのではありません。相手が興味ある話題で話をしたり、好きなことを会話の中心にすることが楽しい会話になるのです。

 

弾むようなテンポも大事です。

 

「なにか面白いことを言わないと・・・」と気負う必要はありません。無理をして面白いことを言おうとすることで逆効果になることもあるのです。自然に無理なく、会話をした方がいいのです。

 

その方があなたにとっても相手にとっても楽しい会話になります。

 

4.話の要点を最初に伝えておく

話のなかであなたが伝えたいことがなんなのか?そのテーマを話のはじめに言っておくのです。

 

最初になにについて話すのかを伝えておくことで、聞いている人になんのこと伝えようとしているのかをわかってもらうためです。

 

この「最初に要点を伝える」ことが抜けてしまうと聞き手は話をすべて聞くまでどんな話なのかを理解できません。最初に言っておくことで、

 

「いまからなにを話すのかはわかった」

 

と理解してもらえるのです。

 

どんな話をするのかわかれば、相手を困らせずに済むのです。それがわかりやすい話につながります。

 

言いたいことに一貫した軸ができます。

 

話したい内容は最初にふれておくのが伝わるコツです。

 

5.関係ない話はしない

話の要点とは関係のない話はしない方が、相手には伝えたいことが明確になります。

 

関係ない話を盛り込むことで話の軸がぶれてしまいます。

 

あれこれと話しすぎては相手に「なんの話だったかな?」と混乱させてしまいます。こちらの話の意図がどこにあるのかわからなくなってしまうのです。

 

無駄な言葉を重ねてしまうと話に一貫性がなく、支離滅裂になってしまいます。

 

話し手もいろんなことを話しているうちに頭の整理がつかなくなって、最初に言いたかった話にもどれなくなってしまいます。

 

相手を混乱させるだけで、余計な話になってしまうかもしれません。

 

ひとつの話に多くの要素を入れないようにしてみてください。どうしても伝えたいことが多くあるときは、話を一つひとつ完結させてから次の話をするようにしてください。

 

それならば、会話がどんどんわかりやすく続いていきます。

 

次のページへ

 

わかりやすい話し方のコツのトップページへ

 
スポンサードリンク

 
トップページ 話し方の技術 聞く技術 会話上手に 信頼を築く